ケトジェニックダイエットのメリットとデメリットについて。

こんにちは!まきねぇです。

このブログはダイエットについてゆるく書いています。

運動ゼロでも毎日の食事をひと工夫すれば、体重は落ちるんです。

糖質制限、ロカボ(低炭水化物)、ケトジェニックダイエット、低GI食品など、さまざまなダイエット方法について、お得な情報を発信していこうと思います!

はじめに

今回は、ケトジェニックダイエットの長所と短所についてのお話です。

ケトジェニックダイエットは短期集中のダイエットです。

初めておこなう人は1週間でも効果があらわれます。

運動をしなくても体脂肪が減るので見た目もかなり変わります。

面倒なカロリー計算もいらないし、お酒もルールを守れば飲んでOK。

お肉と野菜をお腹いっぱいになるまで食べてもいい!

何かとメリットの多いダイエットなんですが、意外な落とし穴もあるので私の体験談も交えてご説明したいと思います。

最大のメリットは厳しい食事制限がないこと

もちろん、糖質は1日60g以下にするというルールはありますので、好きなだけ食べて飲んでもいいですよ、という訳にはいかないのでご注意ください。

個人的には過去に流行った様々なダイエットより食事制限は比較的ゆるいと思います。

具体的にOK食品、NG食品は別の記事にて詳しく書いてあるのでご参考までに!

お酒は蒸留酒ならOK!ビールや日本酒はNG!

お酒の飲めない人はこの章はスルーしてもらって大丈夫です!

私はお酒大好き人間なので、ダイエット中に禁酒なんて辛くて無理!

どんだけ飲みたいんだよ!

ってつっこまれそうなのですが、これってかなり大事なことです。

ダイエット中とはいえども、職場の付き合いで断れない飲み会もあるでしょう。

お酒を飲んでストレス発散したいときもあるし、

それが飲めないとなると我々はどうやって発散したらいいんだ!!!!

ただでさえ炭水化物を我慢しているんだからお酒くらい許しておくれよ、、、、。

というのが私の本音。

ダイエットにストレスはつきもの。どこかで息抜きしないと続かないし、やめた途端リバウンドしてしまうので、ケトジェニックダイエット中でもアルコールと上手にお付き合いしましょう!

これだけ守って!飲むなら蒸留酒!

とりあえず生!

と言えないのは寂しいですが、お酒を全く飲めないことと天秤にかけたら全然ましです。

糖質の少ない焼酎やウイスキーなどの蒸留酒を飲みましょう。日本酒やカクテルは糖質が多いのでこちらもビール同様控えましょうね。

あとは、お肉やお魚、野菜中心のおつまみを食べればOK!ただし、締めのラーメンは我慢してくださいね♪

体にあらわれるうれしい変化

糖質を制限した食生活になると、見た目と中身に変化が現れます。糖質の代わりに中性脂肪がエネルギーとしてつかわれるので体脂肪が落ち、お腹まわりがすっきりします。腹筋運動なしでポッコリお腹もかなりへこむんです。

そして私がもっとも強く感じた体の変化は食後に眠くならない!ということ。食後の眠気って血糖値が下がると感じるらしいです。なので糖質制限の食事はそもそも血糖値が上がる要因となる糖質の摂取が少ないので、血糖値の上下の幅が狭く食後でも不思議と眠気が出ないんです。これで、午後の仕事も眠くならずに集中できました。

もうひとつ感じた変化はお腹がすかない!ということ。え?食欲がなくなるの?ということではないですよ!

これも血糖値が関係しています。ジェットコースターのように急上昇した血糖値が頂上に達し急降下を始めると体内の糖質が足りない!と体は感じてさらにに糖質を欲するそうです。これが空腹感につながります。先ほど述べたように、糖質制限の食事は血糖値の上下幅が狭い為、強烈な空腹感はなくなりました。

お腹ペコペコと感じなければドカ食いしなくて済むので、食べる量も減りましたし、少しの量でも食後の満足感を得られるようになりました。

糖質って中毒性があるんですねー。

一度摂るとまた欲しくなる。この無限ループを抜け出すと体が劇的に変化するので実際に試していただきたいですね。

※注意)ケトジェニックダイエットは健康な人向けのダイエットなので持病のある人は主治医と相談の上おこなってくださいね。

意外な落とし穴。ケトジェニックダイエットの短所4つ。

光があれば影があり、表があれば裏がある。

このブログは自分の体験談をもとに、メリットやデメリットを正直に各ことをモットーとしておりますので、

この章ではケトジェニックダイエットの短所について説明していきたいと思います。

デメリットを箇条書きにすると

①外食の場所、食べられるものが限られる。

自炊しない人はこれは大きな問題ですね。炭水化物が食べれないとなると本当に行けるお店が限られてきます。

ランチが外食派の人は本当に選択肢が減るので大変だと思います。これを機にお弁当に切り替えるのもいいきっかけですし、コンビニで買える低糖質な食べ物や糖質制限に優しい外食チェーン店なども徐々に増えてきているので、今後も記事にしていこうと思います。

追記

実際にロカボな外食をした際の過去の記事です。

ご興味のある方は、是非☆

②食費がかかる

太るものって安いんです。ケトジェニックダイエットは別名肉食ダイエットと呼ばれているので、糖質制限の食事に切り替えた時はとにかく炭水化物を食べないことによる空腹感でお肉やお魚を食べてしまいます。なので、体が低糖質に慣れるまで食費はかかります。他にもこのダイエットは良質なあぶらを摂ることも勧めているので、ココナッツオイル、MCTオイル、グラスフェッドバターなど普段スーパーではあまり見かけないようなアブラは、やはりお値段も高め。初期投資にお金はかかってしまいますが、体が順応してきたら食べる量も減りますし、健康はお金で買うものと思って自分へ投資するのもアリだと思います。

③口臭・体臭が変わる

これは個人差があります。人によってはケトン臭と呼ばれる独特のすっぱい臭いがする人もいるそうですが、私は感じたことがないです。肉食ダイエットとはいえ、野菜やきのこ、海藻などから食物繊維をとらないと腸内バランスが崩れ、悪玉菌がふえるので口臭や体臭の原因になりますので、バランスのよい食事をこころがけましょう。

体が脂肪燃焼モードに突入した時の6つのサインはイカの記事に詳しく書いてあるので、ご参考までにどうぞ!

④頭痛やめまいを感じる

これは、私が一番つらかったことですね。

ケトジェニックダイエットを始め、体内からケトン体が出るようになるまでの数日間、めまいや頭痛に悩まされましたね。今思えば、水分と脂質が足りてなかったと反省しておりますが、その当時は体から糖質が抜けるのって低血糖の症状に近いなと思いました。(あくまで個人的な感想ですが)私の場合は2~3日でおさまったので、これも体が慣れるまでのちょっとの辛抱です。

どうしても辛い場合は無理はしないでくださいね!1日3食のうち1食だけ炭水化物を食べないとか、プチ糖質制限から徐々にケトジェニックダイエットに移行していきましょう!

以上、私が感じたケトジェニックダイエットのメリット・デメリットでした。

体が慣れてきて、コツされつかめば我慢せずに痩せ体質に変わるので、引き続き頑張っていきましょう!

おすすめの記事