【減らそう糖質】銚子丸はタッチパネルでシャリ少な目をオーダー可!

こんにちは!まきねぇです。

突然ですが、日本人の好きな食べ物ランキングで常に上位にランキングしているモノって何だと思いますか?

不動のTOP3はお寿司、ラーメン、カレーです!

美味しいモノってなんで太りやすいんでしょうか。

栄養たっぷりだからしょうがないとあきらめる前に、この記事を読んでみてください。

今回は、みんな大好きなお寿司の糖質オフについて。

先日、くら寿司が糖質制限に本気で乗り込んできた記事を書きましたが

今回は東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県に店舗がある「すし銚子丸」の回転寿司も一部の店舗で糖質オフに取り組んでいるとのウワサを聞きつけ、早速食べに行ってきました!

銚子丸はタッチパネルでシャリ少な目をオーダー可!刺身だけでも頼めるよ。

すし銚子丸は目の前で板前さんが握ってくれるのと、ネタが大きく新鮮なので

全国展開している有名な回転寿司チェーン店より、価格帯が高めに設定しています。

1枚のお皿の価格は単一ではなく、お皿の色によって価格が異なります。

グランドメニューの値段は6段階あり、メニューの一部を表にしてみるとこんなラインナップです。

130円 いか、こはだ、玉子、コーンマヨ、納豆巻、かっぱ巻、とびっこ
180円 蒸しエビ、マグロ、しめサバ、鉄火巻、サーモンユッケ風
250円 甘エビ、オーロラサーモン、海老アボカド、えんがわ、アジ、はまち
300円 本マグロ上赤身、ほたて、いくら、とろサーモン炙り、まぐろ中おち
420円 中とろ、赤貝、うなぎ、づけかき
580円 大とろ、生うに、本ズワイ、銚子丸名物穴子一本付け

出典:すし銚子丸メニュー

味ももちろん、美味しいです!

しゃり少なめ、しゃりなし(ツマミ)に対応しているのはにぎりだけなので、ご注意ください!

にぎりであれば、炙り寿司でも、3貫盛でも対応してくれるので選択肢が多くてうれしいですね。

具体的に、1日にどれくらいまで糖質はとっていいのかについては、こちらをどうぞ。

注文方法はとっても簡単。

入店後に店内を見渡すと、カウンターにもテーブルにもiPadが置いてあり、板前さんに口頭で注文しなくていいので、気まずくないですね。

席に着くと、iPadが置いてあるので、タッチして注文となります。

今回は私の好きな青魚を注文してみます。ちなみに、いわし。

いわしの写真をポチっと押すと次の画面に進みます。

img_0500

次の場面では、何皿たのむか決めます。

ここまでは、どの回転寿司も同じですね。

ひとまず、1皿注文したいので①を押して、次の画面に進みます。

img_0501

お!何か出てきましたね!

初めて見る画面ですね。

通常、この画面ではわさびの有or無が選べるのですが、

今回はいわしの注文なのでしょうがが選択制になっています。

さて、ここからが大事なところ。

「しゃりの量はどうされますか?」

と聞かれています。

いわしは「しゃり少なめ」で注文してみます。

img_0502

来ました!いわしのにぎり、しゃり少なめ!

左のお皿がしゃりふつう。右のお皿がしゃり少なめ。

ネタの大きさは同じですね。

img_0505

分かりやすいように、しゃりのみ撮影。(ネタはあとで美味しくいただきました)

こうやって並べてみると違いが分かりやすいですよね。

左はしゃりふつう。右はしゃり少なめ。

半量までとはいかないものの、1/3はカットしてるかな?

ちなみに、ツマミも気になったので別のネタで注文してみました。

サーモンのにぎりを【しゃりなし(ツマミ)】で注文。

img_0512

どんな形で出てくるのかワクワクしていると、、、、

ジャーン!

立派な刺身皿が来ました!!!

ちゃんとツマや大葉も乗っていてこれはいいおつまみになりそうです。

img_0513

寿司ネタを半分にカットしてにぎりと同じ色のお皿の上にお刺身がのっています。

居酒屋でお刺身1種類たのんでも、200円台では頼めないですよね?

そう考えると、割安だと思いました。

【余談】個人的にちょっと面白かった

しゃり少なめ、ツマミに対応しているのはにぎりだけなので、ほかに何かネタはないかなーと画面をポチポチさわっていると、見つけてしまいました。

img_0514

img_0515

つまみ玉子もあるけど、にぎり玉子のしゃりなし(ツマミ)もあるよ。

ゴールは同じだけど、にぎりの中で玉子だけ仲間はずれにするわけにもいかないもんね。

ちょっと面白いので、次にいったら両方注文してみようかな。

まとめ

すし銚子丸は、くら寿司やかっぱ寿司のようにタッチパネルで注文した後にレーンから流れてくるわけではないので、板前さんがにぎったお寿司をそのままお皿にのせて、手渡ししてくれます。

渡してくれる時に「いわし、しゃり少なめ!」と言ってくれます。

私の隣とその隣の女性客もしゃり少なめを注文していたようなので、需要はあるんだなと感じました。

糖質制限が目的ではなくても、ちょっとずつ、たくさんの種類を食べたいのが女性の心理なので、ご飯を少なくしていろんなネタが食べられるというのもうれしいポイントなのかなと思いました。

私は出されたものは残さず食べるよう育てられたので、少し前にニュースやネットで話題になった「シャリ残し」は理解に苦しむのですが、

もし、どうしても糖質が気になるようであれば、

選択肢としてこんなお店もあるんだよ。と知るきっかけになってもらえたら、うれしいです。

おすすめの記事