【最新】練り物のタンパク質に注目!ちくわがプロテインバーに!?

こんにちは!まきねぇです。

低カロリー高たんぱくでお手軽にかえるものといえば何を思いうかべますか?

そう。サラダチキンです!

今でこそ安定的に購入できますが、ブームの絶頂期には爆売れしすぎて一時品薄となったのは記憶に新しいかもしれません。

ダイエットの強い味方であるサラダチキンでも、毎日食べていると飽きは生じますよね。

他にも何かタンパク質が簡単にとれる、セカンドサラダチキンポジションはないか調べていたところ、

何やら各メーカーが発表した2019年春の新製品が今までにない斬新なカタチでタンパク質がとれるようなので、詳しく見ていきましょう!

 

練り物のタンパク質に注目!今後、ちくわがプロテインバーに!?

え?ちくわがプロテインバーになるの!?

と思いますよね。

実は、新潟県に本社を置く練り物メーカーがスポーツ好きな方を対象とした、にタンパク質補給ちくわを発売したんです。

商品展開は2種類で

ひとつは、【スポちく ビタミンB1入り】もうひとつは【スポちくBCAA入り】

.PNG

商品特長

●スポーツが好きな人のためのたんぱく質補給ちくわです。
●高たんぱく、低脂肪です。
●ワンハンドで手軽に食べられます。
●糖質を効率よく利用してくれるビタミンB1入り。
●青魚のサラサラ成分のDHA、EPA入り。

利用方法

●運動の前後にそのままお召し上がりください。

出典:一正蒲鉾株式会社 スポちく

 

何だか発想が斬新すぎてこの情報を見つけた時、

ブログに絶対書きたい!!!

と思わせるほどのインパクトでした。

 

運動の前後にそのままお召し上がりください。ってところが個人的にツボです。

いつの日か、スポーツジムでプロテインドリンクではなく、ちくわを食べる人がでてくるのでしょうか。

 

そんな素敵な未来に思いをはせてシュールな光景を想像しニヤつく私は陰キャ確定。

 

気になる栄養成分ですが

 

1本(45g)当たり

エネルギー:59kcal タンパク質:7.3g 脂質:1.0g 炭水化物:5.2g 食円相当量:1.1g


価格も1本158円(税抜き)なのでお手頃です。

プロテインドリンクやサラダチキンに比べるとタンパク質量が少なく感じますが、ちくわ1本でたんぱく質7.3gは優秀ですね。

 

メーカーはスポーツの前後に食べることをおすすめしていますが、栄養価の高い間食やおつまみとしても使い勝手が良さそうです。

 

カニカマでもタンパク質補給!

この発想も斬新ですよね。

 

練り物業界で一体何が起きたんでしょうか。

健康志向と差別化の合わせ技でカニカマもついにここまできたか。といった感じです。

 

サラダチキンに比べ、ちくわやカニカマのような練り物の方が機能食品へアレンジしやすいのでしょうね。

 

こちらは石川県に本社を置く株式会社スギヨの新製品【カニカマ習慣】

.PNG

出典:株式会社スギヨ カニカマ習慣

 

こちらもやはり、運動後にいかがですか?とさりげなく勧めてきていますね。

 

運動した後にカニカマ。

 

実に面白い発想です。

 

気になる栄養成分ですが

 

製品1本(標準65g)当たり

エネルギー:68kcal  たんぱく質:7.8g 、 脂質:0.7g 、 炭水化物:7.5g 、 食塩相当量:1.3g

 

脂肪がとても少ないですね!

ただ、炭水化物が多めなので食べるなら1度に1本だけにしていたほうがよさそうです。

 

魚とチキンの合わせ技でタンパク質補給!

最後に紹介するのは紀文の【フィッシュ&チキン バー】

 

 

出典:フィッシュ&チキン バー(レモン風味)

フィッシュ&チキン バー(スモーク)

魚肉・鶏肉・卵白・大豆たんぱくの4つの素材を主原料にし、蒸し鶏のような食感でジューシーに食べやすく仕あげました。

 

それでは、気になる栄養成分を見ていきましょう。

 

レモン風味

エネルギー:87kcal タンパク質:12.7g 脂質:2.9g 炭水化物:2.5g 食円相当量:1.3g

スモーク

エネルギー:84kcal タンパク質:12.4g 脂質:2.7g 炭水化物:2.4g 食円相当量:1.2g

 

魚肉・鶏肉・卵白・大豆たんぱくの4つの素材を主原料にしているだけあって、比較した3種類中、タンパク質が一番多いですね。

 

普段、サラダチキンばかり食べて飽きたなーというとき、新たな選択肢が出来ることは非常にうれしい限りです。

 

ダイエットも楽しんでしまえば長続きして結果に反映されるので、

これからもみなさんのお役に立てるよう面白そうな商品を発掘していこうと思います。

おすすめの記事