【低カロリー、低糖質】アーモンドミルクとは?コンビニ購入可!

こんにちは!まきねぇです。

みなさん、普段のスキンケアはどのようにされていますか?

美白成分配合の基礎化粧品やシミ・しわを予防する美容液など、様々な商品がありますよね。

正直、美容にはまったく詳しくない私なので、特に何もしていません。

運よく、生まれ持って肌は強いのですが、食生活が乱れた場合に限って肌荒れを起こすので、やはり自分の体内に取り入れるものには気を付けなければなと日々感じています。

 

かといって、3食自炊するのも手間だし、時間がないし、何より面倒くさい!

スムージーダイエットも三日坊主で終わった私。

そんな私が日々、取り入れているのはアーモンドミルク!

 

今日は私のアーモンド愛を語ろうと思います。

 

【低カロリー、低糖質】アーモンドミルクとは?コンビニ購入可!

モーツァルトも愛飲していたアーモンドミルク

最近、コンビニやスーパーで見かけるようになったアーモンドミルク。

中世のヨーロッパでは【貴族のスープ】として登場していました。

かの有名な音楽家のモーツァルトもアーモンドミルクを好んで飲んでいたと言われています。

 

今から200年以上も前の18世紀のヨーロッパのカフェで清涼飲料として提供されていたとは、かなり歴史のある飲み物なんですね。

 

そんなアーモンドミルクには、女性に必要な栄養成分がたっぷり含まれているんです。

しかも低糖質で低カロリーなので、嬉しい限りです。

 

アーモンドミルク(砂糖不使用)は200mlあたりのカロリーは30kcal。

糖質は驚異の1.0g!

普通牛乳の場合、200mlで134kcal、糖質:9.6gなので、アーモンドミルクはかなりヘルシーな飲み物という事が分かりますね。

 

抗酸化作用のあるビタミンEの含有量が豊富!

抗酸化物質としての役割は、代謝によって生じるフリーラジカルから細胞を守ることである。フリーラジカルはDNAやタンパク質を攻撃することでガンの原因ともなりうるし、また、脂質過酸化反応より脂質を連鎖的に酸化させる。

ビタミンEは、フリーラジカルを消失させることにより自らがビタミンEラジカルとなり、フリーラジカルによる脂質の連鎖的酸化を阻止する。発生したビタミンEラジカルは、ビタミンCなどの抗酸化物質によりビタミンEに再生される[2

出典:wikipediaビタミンE

例えば、使いおきした古いサラダ油は色が濃くなり、嫌な臭いも感じられるようになります。これは油が空気に触れることで、酸化し、油の劣化がおこっているからです。

実は体内でも同様のことがおきてしまいます。脂質を含む細胞膜にはビタミンEが溶けて存在しています。これにより、細胞膜が酸化するのを防止しています。

人体の細胞数は60兆個といわれますが、それらを守ることで人のカラダは若々しく、健康な体を保つことができています。その秘訣のひとつがビタミンEなのです。

出典:森永製菓 美しいカラダを作りたい

体内にある脂質が酸化すると過酸化脂質なるのですが、これが老化の原因!

いわゆる、カラダがサビている状態ですね。

ビタミンEはこの酸化(=サビ)を予防するので、アーモンドミルクは天然のサプリと言われています。
また、ビタミンEは毛細血管を広げてくれる効果があるので、肌のすみずみまで血液がいきわたり、肌荒れを解消してくれます。血流が促進されるので、美肌効果も上がるんですね。

これは女性にうれしい効果ですね!

動脈硬化発症の予防・改善にも効果的。

ビタミンEが最も優れている点は、活性酸素の除去=強力な抗酸化力!
この抗酸化作用により、血液中の悪玉コレステロールの酸化を抑制し、血栓ができるのを予防するので、動脈硬化の予防になると言われています。

血栓が血管につまり、血流を止めてしまう状態が梗塞で、

脳におこると脳梗塞、

心臓におこると心筋梗塞になります。

ビタミンEは血管の細胞膜のダメージを防いで血管そのものを健康に保ち、動脈硬化を抑制します。その一方で善玉のコレステロール(HDLコレステロール)を増やす働きも持っています。

善玉コレステロールは粥状効果の原因・悪玉コレステロールを運び出し、血管内を浄化します。

つまりビタミンEには血管本体の健康を維持する作用と同時に、血管を健康に保つ環境を整える作用があるのです。ビタミンEには動脈硬化の予防とともに、おこってしまった動脈硬化を改善する働きもあることが確かめられています。

 

実際に飲んだ感想

初めてアーモンドミルクを飲む人は、砂糖不使用ではなく、他のフレーバーから試してみると飲みやすいと思います!

無調整の豆乳ってお豆腐を飲んでるみたいでそのまま飲むより料理やコーヒー紅茶と一緒に混ぜて飲む方が飲みやすいですよね?

 

それと同じで、そのまま飲むならコーヒー味などのフレーバーアーモンドミルク。

料理、お菓子に牛乳の代わりとして使うなら砂糖不使用のアーモンドミルク。

 

この飲み方をおすすめします!

 

メリット

・食物繊維も豊富なのでお通じがよくなりました。

・とにかく、お肌がきれいになった!肌荒れや乾燥がなくなった!

・糖質制限中でも飲める。

・牛乳を飲むとお腹がゆるくなる人(乳糖不耐性)でも飲める。

・牛乳アレルギーの場合の代用品として使える。

 

デメリット

・牛乳・豆乳に比べると価格が高い。(約2倍)

・くせのある味なので飲みにくいと感じるかもしれない。

 

 

【余談】おやつに素焼きアーモンドもおすすめ

いままでアーモンドミルクについて説明いたしましたが、私は口寂しくなったら素焼きアーモンドをおやつに食べています。

 

噛み応えがあるので、1粒ずつポリポリ食べていると空腹が満たされてきます。

私はネットで1kgまとめて買って、ダイソーのジャーに入れて部屋に常備しています。

 

健康にいいからといってパクパク食べすぎるのは要注意!

 

ナッツ類は脂肪が多いので、片手で一握りくらいの量を目安にするといいですよ。

 

 

参考:厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

 

 

 

 

おすすめの記事